クレチュールジュレローションで副作用の心配があるのか!

クレチュールジュレローションの副作用

クレチュールジュレローションはインナードライの肌を改善してくれる高保湿ローションですが、毎日使うとなると心配なのが副作用の危険性のある成分は含まれていないのかということですね。

 

肌に直接つけるものなので副作用の心配をしながら使いたくはありません。

 

クレチュールジュレローションに副作用などの心配はないのか、クレチュールジュレローションの安全性について調べました。 

 

クレチュールジュレローションに副作用の危険性は?

クレチュールジュレローションの有効成分に副作用の危険性がないのか見ていきたいと思います。

 

クレチュールジュレローションの主な有効成分はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3つ。

 

これらを一つずつ見ていきます。

セラミド

セラミドは表皮の角質層に存在し、水分を蓄え細胞間を埋めることによって外的刺激から肌を守る役割をします。

 

セラミドが不足すると外的刺激を受けやすくなり肌はトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

セラミドは今のところ副作用などの危険性は確認されておらず、敏感肌でも安心して使える保湿成分とされています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は真皮に存在しコラーゲンやエラスチンの隙間を埋めています。

 

ヒアルロン酸は粘性のあるゼリー状で1gあたり6リットルもの水分を溜めこめる性質を持っています。

 

そのため肌をみずみずしく保ちハリを持たせるのに役立つのですが、これも副作用などの危険性はない成分なので安心して使用することができます。

コラーゲン

コラーゲンは真皮に必要不可欠な成分で、表皮の新陳代謝を助けたりハリを出しシワやたるみを予防するのに役立ちます。

 

コラーゲンをサプリで過剰摂取すると肝臓に負担がかかる可能性がありますが、スキンケアで使用するには問題はありません。

アレルギー体質の人は?

クレチュールジュレローションには植物由来成分も配合されています。

 

肌に良いといわれる成分が厳選されていて副作用の心配はありませんが、パイナップルなども含まれるのでアレルギーのある方はご注意ください。

 

アレルギー体質の方は全成分をしっかりと確かめてから使用をして下さいね。

クレチュールジュレローションは5つの無添加

クレチュールジュレローションは肌に負担をかけないために肌ストレスの原因になる成分を入れない5つの無添加にこだわっています。

 

クレチュールジュレローションはパラベン、着色料、合成香料、鉱物油、アルコール無添加で安心して使用できるようになっています。

妊娠中でも使用できる?

妊娠中でもクレチュールジュレローションを使用することができます。

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく身体も敏感になっています。

 

何か異常を感じたら一旦使用を止めて様子を見て下さいね。

まとめ

乾燥しているのに皮脂が分泌されやすいTゾーンなどはオイリーになりがち。

 

そんな厄介なインナードライ肌ですが、クレチュールジュレローションなら肌の奥からしっかり保湿してくれるのでみなさん満足されているようです。

 

インナードライの肌乾燥からさらにトラブルを引き起こさないためにもクレチュールジュレローションでしっかり保湿ケア、弾力のある健やかな肌を目指したいですね♪

 

公式サイトにはクレチュールジュレローションの全成分や実際に使ってみた人の口コミも掲載されているので公式サイトもチェックしてみて下さいね!

 

>>クレチュールジュレローションの最安値はコチラ